Free Software について

プリント基板設計は、簡単な内容であれば PCBE が、お勧めですが、
パターン接続が回路図通り正しく行えたか気になるようなプリント基板になると、
ネットリストとの照合が可能な Software が必要になってきます。

少し進めて、ネットリストとの照合が可能なプリント基板設計フリーソフトとなると、
水魚堂さんの MinimalBoardEditor が使い易いと思います。
水魚堂さんの回路図エディタ BSch3V で描いた回路図と使用する事で、
回路図内容とプリント配線板内容の相互の接続内容をチェックできます。

現在、最も高機能で進化しているフリーのプリント配線板設計環境は、
KiCADと思います。
高機能な回路図・プリント配線板設計の統合ソフトウエアです。


プリント基板・プリント配線板のホームページ・インデックスへ戻る